10/18赤坂dot&blueライブへの誘い 

誰かを好きになることは、君になりたい、という感覚を多分に含んでいる。だからThe Cureのロバート・スミスは”Why can’t I be you?”と歌ったのだ。しかしそれは対象と同化したいという、イノセントで、些か幼稚な願望である。

2001年にジャズボーカルとしてのデビューアルバム、”Anything Blue”を発表した後、必要に駆られ、実質上の2ndアルバムをたった1ヶ月で制作した。”Sweet and Lowdown”という、こちらはウディ・アレン監督の映画作品の中に出てくる楽曲のみで構成された作品。このアルバムに続いて、今秋はまた新たに文学作品と映画作品にインスパイアされたライブを2公演開催する。

ひとつは9/26(火)関内Ben Tenutoでのソフィア・コッポラ監督の映画音楽特集。

そしてもうひとつがこのライブ、Music from the book, “The Crazyladies of Pearl Street” by Trevanian。 江國香織氏の名訳『パールストリートのクレイジー女たち』で日本でも広く知られることとなったトレヴェニアンの自伝的小説であり、遺作である。

言葉というのは音楽のようなもので、音楽というのは言葉のようなものだと思う。どちらが先に発されたのか、ほんとうに同時だったのかもしれない。概念上の区分け次第ではあるけれども。文体とは歌なのだ。作家は歌う。トレヴェニアンの歌う、独特の、楽しく、哀しく、でもやっぱりとっても楽しい歌。

それとはまた別のこととして、この本には、音楽が溢れている。特に「パールストリートブルース」と題された章では何十曲ものアメリカ30年代当時のポピュラー音楽が(もちろんジャズも当時のポップスである)物語の構成要素として登場する。果たして2020年代に生きる私たちが、この楽曲群のうち何曲を口ずさむことができるだろうか?この楽曲群は鳴らされるべきだ。たとえそれが、パールストリートから海を隔てて1万キロ以上も離れた赤坂の地だとしても。

作品は一度この世界に生み出されたら、作家の手を離れる。作家は読者として、また自分の作品と出会うことになる。テクストは、読者に読まれることによって生まれ変わり、更新されてゆく。そしてその祝福は半永久的に続くのだ。めくるめく美しい物語に愛と感謝を込めて。

【詳細】

10/18(水)赤坂dot&blue

https://www.dot-blue.net

東京都港区赤坂7-9-7 バルビゾン74 1F

赤坂駅より徒歩5分

03-3568-3188

MC 

予約¥3000

当日 ¥3500

加藤咲希(DJ & Vocal)

浅川太平(Piano)

⏰タイムスケジュール⏰

19:00-19:40 DJプレイ

19:40-20:10 ピアノソロ

20:40-21:40 ボーカルライブ

(入れ替えなし)

実はこのトレヴェニアン特集とソフィア・コッポラ特集は双子の企画。

http://www.sakikato.com/?post_type=tribe_events&p=2318&preview=true

現代の都会に生きる女性と、近過去に都会を生き抜いた男性。どちらの物語も美しく、そして美しい物語には美しい音楽が欠かせない。

港町関内で、あるいは赤坂の地で。奇妙なメディアミックス体験にいらして下さいませ。

6/16 Ben Tenuto出演

ジャズボーカルライブのお知らせです🎙✨
6/16(金)関内Ben Tenuto

Jazz live show at Ben Tenuto, Kannai
June 16th @ 7:00 pm – 11:00 pm

https://ben-tenuto.owst.jp

横浜市中区弁天通3-48045-263-6778

【出演】
加藤咲希(Vo.)
浅川太平(Pf.)

1st 19:00, 2nd 20:10, 3rd 21:20

うっとりするような音色のグランドピアノ🎹
お食事も美味しいと評判です✨

今回もWoody Allenの映画音楽の世界もさらに進化させていきたいと思います🌃

引き続き、今回のライブのテーマもWoody Allen監督の『ウディ・アレンの愛と死』という映画。

1stは愛について
2ndは死について
3rdはWoody Allenの映画の劇中歌の中から選曲

とは言え、相変わらず私の中にこっそり選曲の裏テーマがあるだけなので、ふらっといらして下さった方は、スタンダードを歌っているんだな、と思われるだけだと思います(笑)

ジャズスタンダードの海の中に90-2000年代のヒットチューンも散りばめて。

選曲の妙で引き続きこのコンセプトライブにはBjörkのHyper-ballad、Britney SpearsのToxicもなぜか入っちゃう〜。

ご予約いただくと¥3500のミュージックチャージが¥500ディスカウントになるので、お越しをご検討下さってる方はぜひご予約を✨

最近またちょっとずつなら飲めるようになりました🍷

4/18関内ヴィナス出演

ふと思いたち、明日4/18の関内Venusライブ、各セットをコンセプチュアルに組んでみました✨

1stは愛が溢れて溢れて仕方ないという、頭がおかしい感じの楽曲達を🌸
全てはスウェーデンのジャズ/ポップス歌手Lisa Ekdahlの楽曲、”Rivers Of Love”にインスパイアされ始まったことです(あと花粉とLilla Flickaさんのせいです)。この曲は当時のLisaのパートナーのSalvadore Poe(すごい名前だ)がしたためたナンバーだとか。

2ndは去年から取り組んでいるウディ・アレンの映画音楽特集🌃🎬で、小粋な佳曲群を。日常そのものが美しいのだから、毎回がクライマックスでなくてよいのです。と言っても劇的な曲も多数含んでいるのですが、ウディの映画でかかっていたのだと思うと、まるで自分が映画の中の登場人物であるような、客観性のある不思議な視点が生まれます。

3rdはデビューアルバム”Anything Blue”からの楽曲のみ💙🎙レコ発以来歌っていなかった曲も歌います。ここ数年、常に新しいことしかやっていなかったので、デビュー後に私のことを知って下さった方々には逆に新鮮で貴重な機会かもしれません。

もちろん、私の裏コンセプトなど知らずにふらっといらして下さった方々にもお楽しみいただけるように、それぞれのセットに満遍なくスタンダードを散りばめてあります✨

お越しをお待ちしております♫

4/18(火)関内Venus

https://www.venus-hk-j.com

横浜市中区太田町2-27
ザ・バレル飛高ビル4F
045-228-8559

【出演】
加藤咲希(Vo.)
浅川太平(Pf.)

1st 19:40, 2nd 21:00, 3rd 22:20

TC (MC込み)
男性 ¥6,000 お通し2品付き(税別)
女性 ¥5,000 お通し2品.Onedrink付き(税別)

『通過儀礼/Initiation』全国発売開始!

Lilla Flicka & 新音楽制作工房1stアルバム
『通過儀礼/Initiation』のCDが遂に1/25(水)全国のストアで販売開始🎉Amazonでも買えるようになるよ💖💚

The 1st album by Lilla Flicka & SHIN-ON-GAK “Initiation” will be out national & world widely on Amazon & everywhere on 25th Jan.

アーティスト・ヤシマロパちゃん作の豪華28Pブックレット、全曲対訳&イメージデザイン付き❣️

中身をチラ見せ✨

サインが欲しい人はここから買ってね↓
https://kogumasound.base.shop/items/69350324

多摩センターWarp初出演を終えて

ただいま〜✨
本日、多摩センターWarp出演でした🌟
初めて伺いましたが、皆さん温かく、知的で面白い方ばかり。素敵な空間でした❣️私の宇宙トークにもお付き合いくださりありがとうございます…🪐

私は西洋占星術師のマドモアゼル愛先生のファンなのですが、愛先生がYouTube動画の中でおっしゃっていました。この世でいちばん尊いのは歌なのだと。そして歌で大切なのは言葉なのだと。神を前にしたとき、物など到底何の役にも立たない。神への貢物としていちばん尊いのは歌なのだと。まごころからの歌がいちばんの贈りものだそうです。

セッションタイムの皆さんの歌と演奏を拝聴して、愛先生の言葉を思い出していました。神性はあらゆる場所に、誰しもに宿る。全ての歌が、常にギフトです。素晴らしい体験をさせてくださりありがとうございました。

壁一面の本棚には垂涎ものの興味深い本がずらり。私設図書館も兼ねているそうです。何て素敵な空間✨近所に住んでいたら通ってます。

名残惜しく帰ってまいりました。ぜひまた伺えますように🙏

2023年卓上カレンダー完成!

夏から鋭意制作しておりました、卓上カレンダーが遂に完成しました✨
夏の海で撮影した撮り下ろし写真満載。

Oscar Petersonの楽曲 ”When Sumner Comes”
にインスパイアされて作りました。
「夏が来たら」

一部をチラ見せいたしますー!

ご予約はこちらからお願いします。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02m4f59psii21.html

11/29(火)渋谷JZ Bratにて販売開始。
同日、通販での予約締切となります。

会場引き換えでご予約して下さった方には当日サイン入りでお渡しいたします🙏

虹が綺麗に写っている奇跡的なショットも🌈✨
フォトグラファーの方に素敵に撮っていただきました。

ぜひお手に取ってご覧いただけましたら嬉しいです❣️

大切なライブと、新作アルバム発売のお知らせ✨ 

✨大切なライブと、新作アルバム発売のお知らせ✨

いよいよ1ヶ月を切りました、11/29(火)JZ Bratでのスペシャルライブ、

“Saki Kato Sings Woody Allen”

私がジャズを歌い始めたきっかけの、ウディ・アレン監督の映画音楽だけで構成された異色のライブです。

浅川太平さんのプロデュースで、日本屈指のスウィングの名手の皆さまとお届けします!

加藤咲希 (Vo.)
谷口英治 (Cl.)
浅川太平(Pf.)
浅利史花(Gt.)
大塚義将(Ba.) 

1st 19:00-19:50
2nd 20:20-21:10
入替なし

前売¥6,000
当日 ¥6,500

そして本日、浅川太平さんとの新作デュオミニアルバム『Sweet & Lowdown』のレコーディングでした!
こちらもウディ・アレンの映画音楽だけで構成されたコンセプトアルバムです。

世田谷RECスタジオにて、エンジニアの向啓介さんに録っていただきました。向さんとREC独特の温かい音で1930年代のアメリカにトリップした気持ちで歌いました。

As Time Goes By, Poor Butterfly, Sweet Georgia Brown等を歌とピアノのデュオで収録。

150枚のみの超〜限定生産です!

こちらのミニアルバムは11/29(火)JZ Bratのライブで販売開始、なんと同日には新作アルバムの通販が締切(笑)なので通販でのご予約の締切までこちらも1ヶ月を切ってます〜。

チケットも新作アルバムも、✨ご予約&ご購入はこちらからのみ✨可能となっております。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02m4f59psii21.html

良席のご予約はお早めに♫

7/13赤坂ベレラ&ドキュメンタリー完成

無事に隔離期間も終了しました。10ヶ月ぶりの都内でのジャズライブのお知らせです。

7/13(水)赤坂Velera

https://velera.tokyo
港区赤坂4丁目1-2シントミ赤坂一ツ木ビル B1
TEL: 03-6277-8772

浅川太平 (Pf.)

1st 19:30
2nd 21:00
MC 3500yen

ほんとうに久しぶりの都内でのジャズライブ、どんなかたちで臨みましょう。生まれ変わったような気持ちです。またここから始めたいと思います。

ご予約下さった先着10名様にささやかですがスウェーデンのお土産を差し上げたいと思います。

大変お待たせしました、やっと完成したクラファン特典のドキュメンタリーDVD/ブルーレイも先行手渡しいたします。サインもさせていただきます。

影丘道監督が見ごたえのある作品に仕上げてくださいました。ライブでもご一緒する浅川太平さん、盟友小川恵理紗ちゃん、師匠の菊地成孔さんもご出演の密度の高い内容となっております。

DVD/ブルーレイのディスクは、業者の方が急いでご準備くださっていますが、まだ7/13にベレラで先行手渡しする分しか上がってきていないので、郵送でのお届けは8月上旬になりますことをご了承くださいませ。

『週刊新潮12月23日号』掲載

12/16発売の『週刊新潮12月23日号』「掲示板」というページ(P76)に私の文章と写真が掲載されています🙏✨

お読みいただけたら嬉しいです💖

加藤咲希名義のデビューアルバム ”Anything Blue”について書いています🌠

(枠が短いので最初は逆に何を書いてよいのかわからなくて、文章の内容はトオイプロデューサーに頗るお世話になりました!さすがP…ありがとうございます🥺✨)